BKU(ベーカーウー)工法|シートライニング工法

BKU(ベーカーウー)工法(シートライニング工法)とは

BKU工法は、コンクリート下水道管路・下水処理施設のコンクリート構造物などを合成樹脂プレート(BKUプレート=PVCリブ付プレート)で保護するシートライニング工法です。これらの管路・構造物が下水中に含まれる硫酸イオンや微生物等のために腐食するのを防護します。

また、BKUプレートは防食性能だけでなく、平滑性、耐摩耗性にも優れた性能をもっているので、多種多様な用途に使用できます。

※BKUはドイツ語の Beton(ベトン=コンクリート) Kunststoff(クンストストッフ=合成樹脂) Unit(ウニット=一体化) の頭文字をとったもので、文字通りコンクリートと合成樹脂を一体化したものです。

株式会社大浜組はBKU工法工業会の会員です。

BKU工法の特徴

● 耐防食性・平滑性・耐摩耗性 
下水の硫酸濃度pH4~1の環境下でもBKUプレートは影響を受けません。また、BKUプレートは平滑性に優れ、その粗度係数は0.010を採用でき、耐摩耗性についてもコンクリートの4~7倍の性能をもちます。

● コンクリートとの固着性 
特殊形状のリブをもつBKUプレートは、コンクリートと物理的に強固に一体化して、はく離の危険性がありません。

● BKUプレートの接合 
幅30cm程度のBKUプレートの接合は、BKUジョイントと呼ぶ接合材で簡単に行うことができます。 

● 施工性 
天候や気温に左右されることなく施工ができます。特に、補修工事においては施工面の凹凸や湿潤状態の程度にかかわらず施工ができます。

● 経済性 
長期的にコンクリート防食性能を保つので維持管理費の節約ができます。 コンクリート製品から構造物まで多種多様な用途があります。

施工写真

BKUボックスカルパート

据付工事

施工完了後の内面

BKUプレート

BKUプレート組立状況

型枠にBKUプレートを組み込んだ状態

BKUプレートとコンクリートの固着断面(CG)

BKU工法の部材

株式会社大浜組はBKU工法工業会の会員です。

大浜組へのお問い合わせ
木造耐震補強工法 ウッドピタ

ウッドピタは住宅防災技術評価を取得した木造耐震補強工法です。

BKU(ベーカーウー)工法|シートライニング工法

BKU工法はコンクリート下水道管路などを保護するシートライニング工法です。

LB工法(マンホール蓋メンテナンス)

LB工法はカッターを使用しない「円形せん断」方式のマンホール蓋メンテナンス工法。

EX・ダンビー工法(管きょ更生工法)

EX工法、danby工法で小口径から大口径まで。管きょをスピーディーに蘇らせがらせます。

地震・津波に強い地下シェルターSOTOCHIKA

ソトチカは地震や津波といった自然災害の際に、長時間滞在可能な完全防水地下シェルターです。

目的や用途に応じたオーダーメイド感覚のシステム建築。

株式会社大浜組

土木工事・建築工事で大阪・東大阪の発展に貢献します。
〒579-8004
大阪府東大阪市布市町4丁目3-20 [
アクセス]
TEL:072-984-8585
FAX:072-985-5452

NEWS RELEASE

2018.10.01

入社1年目が日々のお仕事を通して、思ったこと感じたことをつらつら書いていくブログです。

ブログ随時更新中

2018.08.15

ホームページを見やすくわかりやすく新しくいたしました。

ホームページが新しくなりました
  1. ホーム
  2. BKU(ベーカーウー)工法|シートライニング工法
Powered by クリエイティブプロCMS
ページの先頭へ